研修概要一覧

研修名

日時

場所

主催・協賛社

参加者

概要

感想

研修レポート

木村祥裕教授(東北大学)

文部科学大臣表彰の受賞記念祝賀会

令和元年

712日〜

713

仙台

木村祥裕教授文部科学大臣表彰受賞記念事業実行委員会

設計員 山田

木村祥裕教授の文部科学大臣表彰の受賞記念祝賀会への参加と建築見学

大学時代にお世話になった東北大学の木村祥裕教授が文部科学大臣表彰科学技術賞(研究部門)を受賞されたため、祝賀会へ参加し、出席者の方々と交流しました。合わせて、東日本大震災の震災遺構を訪問し、せんだいメディアテーク等の近代建築を見学しました。

躯体コスト勉強会

令和元年

726

エス・エー・アイ構造(株)

エス・エー・アイ構造設計(株)

弊社社員ほか21

構造設計実務者が自らコストプランニングを行うための勉強会

勉強会では、基本的な内容から実務に直結するような具体的な内容まで多岐にわたりました。

躯体コストは、構造設計者の一つ一つの判断が大きく影響してくることを、改めて感じました。

今回の勉強会をきっかけに、躯体コストに関する意識を高めるとともに、自らコストプラン二ングできるように構造設計者としてのプロ意識をもって取り組んでいきたいと考えています。

「躯体コスト勉強会」報告書

鉄骨加工工場見学会

令和元年

810

広島県

日鉄物産システム建築株式会社・ミツヤ工業株式会社

次長 前田

設計員 菊川

日鉄物産システム建築株式会社様の特殊なシステム建築部材の加工及び実物の見学

特殊なシステム建築部材の実物を拝見することにより、今後の設計に生かすための経験・体験することができた。

日本建築学会大会(北陸)

令和元年

93日〜

94

金沢工業大学

日本建築学会

執行役員 主席研究員 木本

学術講演:(No.21031)多数の観測強震動を用いた免震層の最大変位の解析的検討

パネルディスカッション聴講:プレート境界地震による大振幅地震動の予測と耐震設計

大会は活況であった。多くの旧知の方々とお会いできるのもうれしい。

金沢の街は交通の便も良くサイズもコンパクトで、近隣に工場などの事業所も多く、「暮らしやすい」と評価が高いのも頷けた。

日本建築学会大会(北陸)参加・講演 報告書

多数の観測強震動を用いた免震層の最大変位の解析的検討

イスタンブール免震病院の視察研修

令和元年

1013日〜

1018

トルコ・イスタンブール

九州免震普及協会

執行役員 主席研究員 木本

施工中の免震病院および免震データセンターの視察とトルコの研究者・技術者との交流

世界最大級の免震病院(延床100万平米、免震支承は球面すべり支承、その数は2040台)および

トルコ通信最大手が建設中の免震データセンターの見学。免震病院はとにかく巨大であった。

イスタンブール工科大学において、木本は「Seismic Isolation worked well under the 2016 Kumamoto Earthquake」と題した講演を行い、熊本地震の概要と、熊本地震時の弊社設計の免震マンション2棟で無被害であったことを、近隣の非免震建物被害との対比をしながら説明した。

イスタンブール免震病院の視察研修 報告書

Disaster Simulation 2019

令和元年

1020

大阪大学・中之島センター

建築学会・応用力学小委員会

執行役員 主席研究員 木本

国際会議・災害シミュレーション懇談会「Disaster Simulation 2019」。建築構造に関して、e-Simulatorや大規模FEM解析など。このほか、海洋掘削による震源断層調査や⼩惑星衝突の脅威など、幅広いテーマについて議論された。

木本は会議のYouTube Liveによるライブ配信を担当した。

主催者より「自分の狭い研究テーマにとどまらず幅広い研究に触れ交流してほしい」とのメッセージあり。近く稼働する新スパコン「富岳」に適する課題の洗い出しも会議の目的の一つとのことであった。